So-net無料ブログ作成

人権擁護法案投稿一覧 [●人擁法論点整理(カテ目次)]

人権擁護法案 (論点整理)投稿記録一覧

------------------------------------------------------------------
No タイトル 投稿日付   時間  備考
------------------------------------------------------------------

001 人権擁護法? 2005-03-18 10:37
002 私案「人権擁護法」 2005-03-10 17:56
003 北朝鮮連続関与疑惑、人権擁護法、朝日、韓国反日法 2005-03-11 04:52
004 宣戦布告  2005-03-12 00:03
005 応援とお願いメール   2005-03-11 22:20
006 ブログ同盟のお願い 2005-03-11 23:12
007 人権擁護法の裏  2005-03-13 11:25
008 部落解放同盟について 2005-03-17 22:14
009 「神聖にして犯すべからず」の構造 2005-03-17 23:27
010 人権擁護法案、自民が外国人委員の制限検討 2005-03-18 10:37
011 朝日人権擁護法を語る 2005-03-18 11:53
012 【速報】見送り、人権擁護法案 2005-03-18 13:32
013 議員連絡一覧表 2005-03-20 21:13
014  2005-03-21 01:11
015 善と悪の複雑化 2005-03-21 22:56
016 鷹森レポート 2005-03-22 18:26
017 人権と権力の区別 2005-03-24 06:41
018 NHK報道!偉い! 2005-03-27 21:01
019 bewaadさんへの疑問(仮称) 2005-03-29 21:59
020 人擁法の企業リスク     2005-03-30 18:43
021 bewaadさんへの返答  2005-04-01 06:09
022 【不買運動阻止】企業の皆様へ(再) 2005-04-01 06:54
023 bewaadさんへのさらなる疑問 2005-04-05 12:40
024 明日開催、人権擁護法案第4回自民法務部会 2005-04-07 09:25
025 TVタックル「人権擁護法案特集」 2005-04-12 03:57
026 【本日】自民党法務部会第五回 2005-04-12 13:03
027 人擁法の政治的関係図と影響 2005-04-16 00:41
028 人擁法とセット?ジェンダーフリー    2005-04-19 14:13
029 公明党が人擁法触れる【成立の意思固い?】 2005-04-20 02:10 
030 第六回自民党法務部会 2005-04-20 08:49
031 始めてのデモ参加 2005-04-21 01:20
032 古賀勝手に一任宣言!?【第六回法務部会】 2005-04-21 20:43
033 【一任有効】与謝野政調会長が判断 2005-04-22 14:21
034 【さらに反転】与謝野上程保留?でもスケジュール済み【暗転?】 2005-04-25 17:45
035 法案審議の場がどこだか分からない状況にもなっている 2005-04-27 20:26
036 人権擁護法案反対派への印象操作? 2005-05-02 18:52
037 鷹森版「差別脱却法案」 2005-05-02 19:07
038 人擁法の詭弁 2005-05-04 14:08
039 てんこもり氏を勝手に分析する 2005-05-06 12:34
040 人擁法安全論破られる 2005-05-07 01:38
041 解同と戦った弁護士達(こうすれば怖くない第一弾) 2005-05-11 23:21
042 敵を知る前編(こうすれば怖くない第二弾) 2005-05-14 06:47
043 敵を知る中編(こうすれば怖くない第三弾) 2005-05-28 15:06
044 敵を知る後編(こうすれば怖くない第四弾) 2005-06-12 12:44
045 告・日比谷公会堂に集結せよ~第二回人権擁護法案反対集会~ 2005-06-16 19:39
046 日比谷6/19報告 2005-06-20 01:21
047 命日 山県郡千代田町教委社会教育課長 様 2005-06-22 16:09
048 人権擁護法案、動きあり?7/7法務部会 2005-07-05 18:49
049 解同ら12日集会で「今週が最大のヤマ場」発言 2005-07-13 19:03
050 集会サイト”臨戦態勢”に移行 2005-07-14 12:10
051 最後まで粘る解同 2005-07-21 04:25
052 NHK「与党人権擁護法案提出断念」を深読みする 2005-07-26 06:21
053 民主党案国会提出へ(2005/8/1) 2005-08-02 07:17
054 民主党案、正式に衆議院HPに掲載 2005-08-08 10:18
055 日本人権擁護連合会ビラ配る 2005-12-09 02:29


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:blog

日本人権擁護連合会ビラ配る [┌人権擁護法案]

特定非営利活動法人 日本人権擁護連合会の名前で
都内でどうやらビラ配布を行なっているらしい

ビラはA4
「十二月四日~十日 人権週間 
 わたしたちの人権と
 人権の原点・同和解放運動」

と大きく書かれ国連採択の宣言、あとはおきまりの文句なので省く
日本人権擁護連合会の名前と住所、電話番号が続き
最後に「相談に応じる」「一切費用は頂きませんから」云々と締めくくられている

住所で検索すると以下のアドレスがヒットした
http://catblue.exblog.jp/1130927/
ここに掲載されている団体名および本部住所が一致
なお、このサイトには賭博逮捕云々と記載されているようだ

さらに検索すると、旧称は東日本同和会との事。

ちなみに、人権擁護法案に「人権擁護委員連合会」とあるが
まさか法案に書いてあるのは、こ
の団体の事では無いだろう(と思う)
だが、少なくとも極めて紛らわしい名前である



nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

民主党案、正式に衆議院HPに掲載 [┌人権擁護法案]

衆議院HP一覧に「人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案」いわゆる民主党版人権擁護法案が正式に掲載されました。

162 33 人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案 衆議院で審議中 経過 本文

・議案審議経過情報 http://www.shugiin.go.jp/itdb_gian.nsf/html/gian/keika/1D9AFB2.htm

以下引用

議案審議経過情報

(注)下記の表で内容がない箇所は、現時点で情報が未定のもの、もしくは情報がないことが確定したものです。


議案名「人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案」の審議経過情報 項目 内容
議案種類 衆法
議案提出回次 162
議案番号 33
議案件名 人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案
議案提出者 仙谷 由人君外六名
衆議院予備審査議案受理年月日
 
衆議院予備付託年月日/衆議院予備付託委員会 / 
衆議院議案受理年月日 平成17年 8月 1日
衆議院付託年月日/衆議院付託委員会 / 
衆議院審査終了年月日/衆議院審査結果 / 
衆議院審議終了年月日/衆議院審議結果 / 
参議院予備審査議案受理年月日 平成17年 8月 2日
参議院予備付託年月日/参議院予備付託委員会 / 
参議院議案受理年月日
 
参議院付託年月日/参議院付託委員会 / 
参議院審査終了年月日/参議院審査結果 / 
参議院審議終了年月日/参議院審議結果 / 
公布年月日/法律番号 / 

引用終り

さて、今日郵政政局にて解散するかどうか一部のテレビ局では特番体制で臨戦態勢ですが、郵政で解散する/しないに関わらず、民主党と提出者仙石氏およびまだ名前が明らかになっていない他の六名、まだ総ての名前が明らかになっていませんが民主案の提出に賛成した議員のお名前はしっかり覚えておきましょう。

 


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(4) 
共通テーマ:ニュース

民主党案国会提出へ(2005/8/1) [┌人権擁護法案]

人権侵害救済法案を提出 民主、メディア規制は削除
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MYZ&PG=STORY&NGID=poli&NWID=2005080101003229

民主党は1日、政府の人権擁護法案の対案としてまとめた「人権侵害被害救済・予防法案」を衆院に提出した。
 民主党は、政府の人権擁護法案提出をめぐる自民党内の調整を見守っていたが、自民党が今国会での法案提出を断念したため、独自色を打ち出そうと、国会終盤での対案提出に踏み切った。

-引用終り---

さて、この民主党案実は、2ヶ月も前からいつでも提出できる状況であった。

民主党 衆議院議員 わたなべ周HPより引用
http://www.watanabeshu.org/bukai14.1_.html#170601
平成17年6月1日

人権侵害救済法案pt

 今日、党の法務部門会議と人権侵害救済法PTの合同会議があった。前半で、これまでの人権侵害の救済政策について有識者の方からヒアリングをした後、与党の「人権擁護法案」の対案である「人権侵害救済法案」について議論した。

 民主党案でも人権の定義が曖昧であること、人権擁護委員について国籍要件がないこと、そして「差別された」として人権委員会の調査等を受けたが、結果的に差別はなかった場合の救済が十分でない点などが問題であり、民主党案でも解決されていない。

 私は今日の部会でも、01年12月に政府の人権擁護推進審議会の答申が出てから、これまでの間に、拉致問題について新たな事実が明らかになったことや、法文に見られる「著しく不快にさせる」、「畏怖させる」など、その判断が主観的にならざるを得ない用語の問題などを指摘した。

 衆議院法制局や法案作成者からは法案の用語については刑法など他の法律でも用いられていること、人権擁護委員については民主党案では服務規程を盛り込んで、「歯止め」とした点などが説明された。

 とはいえ、根本的な疑念は拭いきれない。結局、反対・慎重意見を押し切る形で法案は了承されてしまった。我々としては「反対意見があったことを次の内閣で報告する」という言質を引き出すのみにとどまった。その後のNCでも法案は了承されたという。

 今後も、この法案の持つ危険性や疑念について意見を発信し続けたい。

-引用終り----

さて、2ヶ月前から提出できる状況だったのに、なぜか提出されていなかった民主党案。当然提出できない訳があるはず。どうしても自民党から提出させたかったのだろう。なぜだろうか、現時点では推測の域を出ないが、反対しつづける事にかわりはない。よもや国会法第五十六条「但し、特に緊急を要するものは、発議者又は提出者の要求に基き、議院の議決で委員会の審査を省略することができる」として緊急性を理由に委員会審査省略はしないだろうと思うが、万が一委員会審査省略を訴えた場合は、民主案2ヶ月の放置を訴えるべきだろう。基本的に我々ができる事は、賛成派には投票しない、反対派に投票をする。賛成する政党・圧力団体を支持しない。反対している議員の先生のお名前を忘れない、推進している先生のお名前も忘れない。人権擁護法案(人権侵害救済法案)の反対を訴え続けると、やるべき事は変わらない。今後は、政治家の通信簿として誰がどの法案にどういう判断を下したのか、記録され、選挙時の判断材料となる判断実績選挙がメインになるかもしれない。過去ほとんど(この法案が)無名状態に近かった3月あるいは4月状態に比べれば、圧倒的に反対派の裾野は広がりつつあり、この現状下であれば、民主党国会上程されたとしても、恐れるに足らない。残12日今後は国会での戦いに移行する。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

NHK「与党人権擁護法案提出断念」を深読みする [┌人権擁護法案]

本日07/26 00:19に報じられたNHK人権擁護法案提出断念の報道を深読みする。

以下引用

与党 人権擁護法案の提出断念 
http://www.nhk.or.jp/news/2005/07/26/d20050725000223.html

自民・公明両党は、差別や人権に関わる被害を救済する事を目的とした人権擁護法案について、自民党内の反対論が根強く、仮に法案を提出しても、今の国会で成立させるのは難しいとし、今の国会への提出を断念する事になりました。 


 人権擁護法案をめぐって、自民党内では、人権問題調査会長として取りまとめ役を務める古賀元幹事長と、「人権侵害の定義が明確ではなく、法律が乱用されるおそれがある」などと主張する平沼前経済産業大臣や安倍幹事長代理らとの間で、意見の対立が続いていました。



こうした情勢を踏まえて、25日、自民党の与謝野政務調査会長は、

古賀氏と協議し、党内の反対論が根強く、仮に法案を提出しても8月13日までの今の国会の会期内に成立させるのは難しいとして、今の国会への提出を断念せざるを得ないという認識で一致し、与謝野氏が、夕方開かれた自民党の役員会で報告し、了承されました。




一方、公明党の冬柴幹事長も、古賀氏から説明を受け、今の国会への法案の提出を断念することを了承しました。 

 
引用終り

1.差別や人権に関わる被害を救済する事を目的とした人権擁護法案

この下りからして引っかかる、このような説明は不用なのではないか?この下りは推進派の言い分丸写しのように思える。

2.自民党内の反対論が根強く

自民党内だけではありません。反対論は、方々から噴出しており、「自民党などの」か「自民党内も」がより正確かと思います。

3.仮に法案を提出しても、今の国会で成立させるのは難しいとし

これを別の読み方すれば、「法案提出できるけど、成立難しいから断念した」とも読み解けますね、逆に言えば、国会成立の目処が立てば、法案提出していたという事でしょうか?郵政で党議拘束かけたのにそれが効かなかったから「成立が難しい」と推進派は判断したのか?

-----------------------
全般的に推進派に配慮しすぎた報道ではないかと、少し心配です。何も知らない一般の方からだと、まるで反対派がわがままを言っているため推進派が我慢しているようにも受け取れる余地があります。もちろん、そんな事はないです。無理を通そうとしているのは、推進派の方々なのは一目瞭然で今更説明するまでもないでしょう。それに、目的の部分で推進派よりの報道をしているのだから、もう少し反対派の意見も盛り込んでも良いのではないかと思います。また、深読みすれば、この報道は、「推進派は強行突破を考えていた」という事のようにも読め、一時期囁かれていた推進派強行突破の噂を証左する物とも見えるかも知れません。
 今後、彼らは何を考え何をするのか、長期戦を狙った印象操作作戦で来るのか、それとも民主党案に希望を繋ぐのか、あるいは民主党案提出手続きを進めさせ、それを理由に一旦諦めたという今回の発言をひっくり返すのか、それとも本当にこうなのかはよく分からないですが、古賀誠氏は与党人権問題懇話会を辞任するかのように言っていたのに、前言を反古にするなど、もはや発言に対する信用度はゼロに近いです。常識的には諦める状況下でも執拗に提出に拘り続けた過去、無茶な一任宣言などの経緯を知るものとしては、油断できない。今後も、人権擁護法案(民主案の名称は人権侵害救済法案。2005/6/1に既にNC(民主党次の内閣)閣議決定済み)について自民・民主両案とも、各位定期的に確認され反対しつづけますよう、改めてお願い申し上げます。


【参考】
民主党「国内人権救済機関設置」についての中間報告(2001/12/6)
http://www.dpj.or.jp/seisaku/jinken/BOX_JK0030.html
NC特命担当総括副大臣(人権・消費者担当) 石毛 えい子)
国内人権救済機関設置WT座長         江田 五月

人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案大綱 2002-03-05
http://www.eda-jp.com/dpj/2002/020305.html
(江田 五月議員HPより)

(追記1 投稿直後、若干表現を手直ししました。6:29)

(追記2 石毛 えい子議員について
石毛 えい子氏は、NHK対朝日に関して、女性国際戦犯法廷主催の集会について、議員会館の会場手配をしバウネットジャパンに対して便宜を図っております。こっちの事件とも、人間関係的には繋がってきましたね、既にご存じの方も多いかと思いますが、詳しくは下記をどうぞ

Irregular Expression 朝日新聞・民主党・朝鮮総連・女性国際戦犯法廷の癒着
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/200502021118.html
 )

追記3

民主案提出の方針(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050727-00000156-jij-pol

民主案提出のシナリオは上記にも事前に描いており、既にコメントにも投稿頂いてます通り、”週明け提出の方針”だそうです。
週明けという事は、既に8月1日以降ですな。なぜ、今週じゃないのか理由を知りたいですが、とりあえず、国会法を熟読し、凸先に衆議院法務委員会を入れ、衆議院提出法案一覧は定期的に目を通しておいたがよいかもです。なお、現時点の公明党の衆議院議席は現在34議席です。公明党冬柴が民主連立を囁き、神崎党首が慌てて否定するという妙な動きもあります。今は風雲急を告げる状況。民主案で今国会成立も危険ですが、民主案と民主連立の恫喝により自民屈して自民提出と党議拘束というのが最悪シナリオです。どちらも注意して反対しましょう。

追記4 国会法
http://roppou.aichi-u.ac.jp/joubun/s22-79.htm

第五十六条
1 議員が議案を発議するには、衆議院においては議員二十人以上、参議院においては議員十人以上の賛成を要する。但し、予算を伴う法律案を発議するには、衆議院においては議員五十人以上、参議院においては議員二十人以上の賛成を要する。
2 議案が発議又は提出されたときは、議長は、これを適当の委員会に付託し、その審査を経て会議に付する。但し、特に緊急を要するものは、発議者又は提出者の要求に基き、議院の議決で委員会の審査を省略することができる

追記5

人権侵害による被害の救済及び予防等に関する法律案
http://www.eda-jp.com/dpj/2005/050601.html
上記で2002年版を紹介していましたが、2005/6/1版を発見しましたので
改めて紹介しておきます。


  
一票を投じる (クリックで自動投票)
  

人権擁護法案反対同盟が結成されています。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

最後まで粘る解同 [┌人権擁護法案]

先日に引き続き、来週月曜再度部落解放同盟が人権擁護法案成立のための集会を開く。過去に、公明党を毛利、朝鮮総連を石田三成、部落解放同盟を島左近に例えた、予想通りというか、予想以上というか、始めから前線で戦い抜き、最後まで戦い続けたのは解同だった。郵政政局が囁かれ、今国会も一ヶ月を切った、この期に及んでも諦めない解同に敬意を表する。関ヶ原で毛利家は、総大将の地位にいながら、最後まで一戦も刃を交えず敗退した。石田三成は構想を描き、謀略を巡らしたが、その人望の無さにかえって敗因を作った。謀略は得意だが、戦力としては物の数にも入らないほど弱い三成を支えたのは島左近、数は少ねど少数精鋭にして、始終関ヶ原の東軍を苦しめ最後は死兵となり散った。さっさとあきらめれば良い物を、最後まで粘るとは、勇気がある。公明党創価学会は、事実上の総大将、法案の最大受益者であると想定されるが、最後まで集会あるいは機関誌等で取り上げるのは皆無に等しく、ほぼ政治的にみて戦闘行為は皆無、矢面に立つのを避けた。また、先の関ヶ原で首謀者でもあり、そして人望の無さから東軍への寝返りを続出させた石田三成。ある意味彼が居なかったら、西軍の敗退は無かっただろう。人権擁護法案は終盤戦へとさしかかった。だがゆめゆめ油断する事なかれ、解同は最後まで粘っている。敵は死兵と思えばこそ、最後の力を振り絞って抵抗するだろう。戦略的に見て今国会が難しければ、最後の最後にせめて国会上程だけでも果たそうとするかもしれない。常識で言えば、とうに諦める状況に至っても、まだ粘る敵がいる。残24日、3週間の戦い、最後まで気を抜けない。

追記1
日比谷公会堂ホームページ
http://www.tokyo-park.or.jp/hibiya/
によれば、主催者の名前は「部落解放同盟中央本部」
集会の正式名称は、単に「集会」だけで登録^^;
電話で確認したところ午後1時から午後2時30分まで日比谷公会堂で
その後請願パレードに行くとの事。ここでも、集会の正式名称と尋ねたが
「集会となってますねぇ」と公会堂電話窓口担当も首をひねるような口調で
回答。一応、一般も入れるはずですが、と言っていたですが・・・
さて、どういった内容なのか、ご存知の方おられましたら
TBもしくはコメントください


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

集会サイト”臨戦態勢”に移行 [┌人権擁護法案]

誰が呼び始めたか、通称反対派の集会サイトこと正式名「人権擁護法案を危惧する国民協議会 人権擁護法案を考える市民の会」が臨戦態勢に移行した。

http://blog.goo.ne.jp/jinken110
以下引用

今日から連休を挟んだ数日が決戦のときです。
ここ数日、お時間のある方は、お力をかしてください。
朝・昼・夕方・夜
追って活動予定を掲示/連絡します。 
問い合わせ・協力申し込み先
jpn.hirata@nifty.com

引用終り

集会サイトの臨戦態勢を受けて、ブログ鷹森も臨戦態勢に移行します。
人権擁護法案反対にあらゆる協力をお願いします。

 

  
一票を投じる (クリックで自動投票)
  

人権擁護法案反対同盟が結成されています。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(5) 
共通テーマ:ニュース

解同ら12日集会で「今週が最大のヤマ場」発言 [┌人権擁護法案]

西日本新聞によれば、部落解放同盟ら人権団体が12日都内で集会を行ない、「今週が最大のヤマ場」と発言した。
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/morning_news020.html

自民 人権法案提出微妙に 郵政余波新たな火種懸念

 「郵政政局」の余波で、自民党内の調整が難航している人権擁護法案の行方も危ぶまれている。郵政民営化関連法案の参院審議を最優先したい政府・自民党執行部にとって、やはり党内に根強い反対派を抱える人権擁護法案は新たな混乱要因になりかねない。今国会の会期は残り一カ月。部落解放同盟など人権団体は十二日、都内で集会を開き、人権侵害救済に関する法律の早期成立を求める活動を活発化させた。

(中略)

一方、十二日の集会で組坂繁之・部落解放同盟中央本部執行委員長は「今週が最大のヤマ場。与野党議員が知恵を出し合い、今国会制定に向けて努力を」と強調。自見庄三郎・自民党人権問題等調査会副会長は「与党としての責任を果たさなくてはならない」と述べた。

-引用終り--------------------

なんというか、(やはりと言うべきか)まだ諦めてなかったのかという観である。しつこいぞ
しかし、今国会会期末は8/13、残り一ヶ月。早期成立と言っているがなんでまたここまで今国会に異様に固執するのかが分からない。なぜ、今国会でなければならないのか、詳しく質問してみたい所だ。

先週から不穏な予兆があり、何らかの動きがあると思われていたが、今週が山場だそうである。我々反対派は、今週と言わず、最後の一日まで妙な法案を強引に通過させたり、国会に上程して(今国会は無理でも)継続審議にさせないように目を光らせ警戒しておいたが良いと思われる。

  
一票を投じる (クリックで自動投票)
  

人権擁護法案反対同盟が結成されています。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:ニュース

人権擁護法案、動きあり?7/7法務部会 [┌人権擁護法案]

さて、一体何がどうなってるのかさっぱり分からない状況となっていた人権擁護法案ですが。(反対が盛り上がらないように分からなくされていた?)自民党法務部会が7/7にスケジュールされております。

自由民主党 会議情報より抜粋引用
http://www.jimin.jp/jimin/main/kaigi.html

-------------------------------------------------------------------------------
7月7日(木)
-------------------------------------------------------------------------------
◆政調、法務部会
 午前8時 本部702室
 [1]出入国管理及び難民認定法第2条第5号ロの旅券を所持する
    外国人の上陸申請の特例に関する法律案(議員立法)について
 [2]更生保護制度の見直しについて

引用終り

ちなみに自民党で正式にアナウスされる前は、2ちゃんねる内に内部流出情報として、明日(7/6)に自民党法務部会で突然の強行突破を計るらしいという噂が出ておりました。
また、先日行われた7/3都議選の後に強行突破を計るとか、郵政が片づいたら通すだとか、憶測や噂は沢山流れておりました。自民党内でも急に会議を中止したりと、事態がコロコロ変わっている状況です。極めて流動的でどうなるかまだはっきりしませんし、「人権擁護法案」とは明記していないので、審議するのかしないのかもはっきりしていないのですが、どうやら何か動きそうな気配ですのでお知らせしておきます。
鷹森 ◆skyGJ...1M

(追記1 7/7の法務部会は突然前日の夕方付近で中止となりました。自民党のHPに中止案内が掲載されていました。しかし、急にスケジュールしたり、急に中止したり、裏でどういう展開をしているのでしょうか?今後も要注意です)

 
一票を投じる (クリックで自動投票)
  

人権擁護法案反対同盟が結成されています。

 


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(2) 
共通テーマ:ニュース

so-net大規模メンテにより長期間アクセスできない状況 [├BBS]

so-net大規模メンテにより長期間アクセスできない状況が続いておりました。

ご迷惑とご心配をおかけして申し訳ありません。

どうやら復旧した模様ですのでご案内申し上げます。

鷹森

 

(追記1
と上記投稿した後、またまた障害で通じなくなったようです。
とほほ。。。今度こそは大丈夫だよね^^;so-netさん^^;
7/5 18:46ついさっき復旧しました。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。