So-net無料ブログ作成
┌朝日新聞諸問題 ブログトップ

朝日人権擁護法を語る [┌朝日新聞諸問題]

朝日新聞本日付社説(2005/3/18)より一部引用

http://www.asahi.com/paper/editorial20050318.html

 これは、法案づくりの背景に国際社会からの要請があるからだ。国連規約人権委員会は98年、警察官や入国管理職員による人権侵害の訴えを扱う独立した機関をつくるよう日本に勧告した

 入管施設での虐待を訴える外国人や、差別されがちな在日の人たちの声に耳を傾ける身近な委員として、地域で尊敬を集める外国籍住民が推薦されることを法案は予想している

 法案のもうひとつの原点は、今も続く部落差別の解決への誓いだ。部落解放同盟から人権擁護委員に就く人がいることも想定している。

 こうした内容は当然のものだ。自民党の一部の議員たちは、人権擁護制度をつくる根本的な理念を忘れているとしか思えない。朝鮮総連幹部による犯罪やエセ同和事件があったからといって、外国籍の住民や部落解放運動をしている人を排除しようとするのはおかしい。

引用終り。

予想通り、国連の勧告を持ち出してきた。これが最大の大義名分、錦の旗だからだ。だが、何度も言うように、既に国連勧告が導き出されたものである事は明白だ。同時に、北朝鮮連続事件関与の投稿も、この社説でさらに真実みを帯びてきたと思う。人権擁護法案の自民党法務部会第三回目の審議開始まであと7分。やれるだけの事はやった、後は祈るばかりである。

 
法案に反対するので投票する (クリックで自動投票)
  

【関連前投稿】人権擁護法案、自民が外国人委員の制限検討
【関連後投稿】【速報】見送り、人権擁護法案  


”誤解与えかねない”朝日新聞に通告書 2005/3/17 0:20頃 [┌朝日新聞諸問題]

記事書いていたら、表題のニュースが入ってきた。
とりあえず、まだNHKも自民党もHP上には乗せてないけど
昨日の朝日新聞朝刊また、印象操作やったらしい。

とりあえず、第一報だけ

(追記1) 2ch見たら、さっそくUPされてた。仕事はや (0:30)

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/mass/1108722894/683
自民 朝日新聞は誤解与える
NHKの番組をめぐる、衆議院総務委員会の質疑の一部を掲載した、16日の朝日新聞の朝刊の記事について、自民党の調査チームは、NHKが放送前に『番組説明のため』中川経済産業大臣と面会の約束をしたかのような誤解を、読者に与えかねないものになっていると指摘する通告書を朝日新聞社に送りました。

それによりますと、朝日新聞の記事について、「衆議院総務委員会を傍聴すれば、 NHKは、『予算と事業計画の説明のため』面会の約束をしたことが容易にわかるのに、記事では、まったくこの点について正確な記述がされておらず、かえって、NHKが『番組の事前説明のために』面会の約束をしたという誤解を読者に与えかねない」と指摘しています。また、総務委員会での質疑で、NHKの番組に政治的圧力がかけられたとする朝日新聞の記事が、事実無根であることが明らかになっているのにもかかわらず、記事で一切触れていないとしています。そのうえで、通告書では、事実を正確に報道することが使命の報道機関として、慎重に客観性のある記事になるよう配慮を求めるとしています。

(追記2 NHKのUP確認 0:37)

http://www3.nhk.or.jp/news/2005/03/17/d20050316000194.html
上と、ダブルので内容省略。

 


投票ありがとうm(__)m (クリックで自動投票)
  


朝日新聞に拘る理由 [┌朝日新聞諸問題]

朝日新聞に拘る理由

特定の団体を攻撃するのではなく、もっと建設的にという意見をいくつか見ました。改めてなぜここでここまで朝日新聞にこだわるのかを投稿しておきます。

1.まったく反省のかけらもない
2.犯罪の全容が明らかになってない
3.(全容が明らかになってないので当然ながら)被害者の名誉回復が行われていない


1.まったく反省のかけらもない
現状で、世間が忘れるのを待っているという事です、いまだ悪かったとの謝罪広告一つない。つまり反省のかけらもない=世間の批判の嵐を耐えるだけ=それが過ぎたら再度やるつもりだとしか思えない。否、もっと次はばれないように巧妙にやってやろうという意思すら感じます。これは、特定の誰かを攻撃云々ではありません、徹底的にやっておかないと、日本の未来に影響を及ぼす、言論、ペンは剣よりも強いのであります。甘く見ていると大変なことになる。日本の道徳観に、追いつめてはいけないとありますが、これには当てはまりません。なぜなら、まったく反省していないからです。

2.今回は氷山の一角、これまで朝日新聞らの捏造によってどれほどの害毒があったかのか判明していないのであります。これらの追求と全容が明らかになるまで追求の手をゆるめてはいけないと考えます。

3.被害者の名誉が回復されていない。
安倍幹事長代理や中川氏はNHKなどでの反論で名誉回復的(いや、それも不十分でしょう、なぜなら未だ声が届かない人がいるから)な点は見受けられますが、下記別投稿にありましたように、渡部昇一氏の名誉は未だに回復していません。また、被害の全容が明らかになっていないという事は、詰まるところ、まだ見ぬ被害者も沢山居るはずであります。もちろん、人権とかそういう視点だけの問題だけではなくて「本来国政に参加する事によって我が国の国益、社会公益に寄与していたであろう人物」が除外あるいは失脚していた事による、社会全般の正発展低下に対する修正が必要だと言うことです。(NTTの民営化に功績があった人物を調べると、土光敏夫氏の推薦があったから電電公社の総裁に付けた人物だったようです。仮に土光敏夫氏(彼の名誉は毀損されていませんが)の名誉が毀損されていたら、NTTの民営化に極めて悪影響が有ったわけです。逆に言えば、誰かまだ知らぬ立派な人物の名誉が毀損されている事によって、彼が本来は推薦したであろう人物の活躍が疎外されているかもしれません。)

私は、一時的な感情で動いているのではありません。
朝日新聞問題こそを、取り扱う事は日本のいい未来を切り開く突破口だと信じております。

 


気に入ったので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


朝日問題は人気!?高順位に驚き感謝す [┌朝日新聞諸問題]

 朝日新聞問題、TVメディア側は沈黙し静になりつつありますが、ブーム(!?)過ぎて開設したブログが、いきなり人気ブログランキング11位(政治部門)思わぬアクセスと投票を頂きました(^^)。ありがとうございますm(__)m

 いやはや、ブログ上ではまだ熱い。2005/2/28にブログ開設、実質スタートは3/2、この日にランキング参加してまもなく一週間。初登場11位。検索エンジンでヒットするようにやっとなったのが3/4頃(確か2件だけw)、3/2中にはメンテナンス停止があり、ビジーエラートラブル(現在も発生中)にも見舞われつつも、ここまで来れるとはただただ驚くばかりです。そういえばWiLL4月号も売り切れで増刷、取り上げた他誌もおしなべて売り上げ好調らしいですし、実際朝日新聞話題はまだまだ冷めやらず、風化作戦はどうやら無理のようですw

これからも、がんばっていきます。どうぞよろしくお願いします^^

 


気に入ったので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 

( 追記、10位UPしてました。押してくれてありがとうm(__)m)


箱島新聞協会会長へ公開質問状を [┌朝日新聞諸問題]

自由民主党 意見募集窓口 御中


             箱島新聞協会会長へ公開質問状を


                            平成17年3月5日
                            ブログ鷹森
                            http://blog.so-net.ne.jp/takamori/


箱島信一社団法人日本新聞協会会長に対して、朝日新聞(箱島信一社長)が新聞協会が定める「新聞倫理綱領」に違反していないかどうか確認する公開質問状の送付を提案します。

日本新聞協会「新聞倫理綱領」
http://www.pressnet.or.jp/info/rinri/rinri.htm
(以下一部抜粋引用)

正確と公正 記者個人の立場や信条に左右されてはならない。

独立と寛容 あらゆる勢力からの干渉を排するとともに、利用されないよう自戒しなければならない。

人権の尊重 報道を誤ったときはすみやかに訂正


(ご参考)
http://blog.so-net.ne.jp/takamori/2005-03-04-3

----------------------------------------------------------------

上記内容を自由民主党意見募集窓口に送付しました。


公開質問状提案に賛同するので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


箱島信一新聞協会会長の決意 [┌朝日新聞諸問題]

箱島信一新聞協会会長(兼朝日新聞社長)は昨年開催された第57回新聞大会会長あいさつで新聞は信頼できる多様な情報を提供する責任があることを強調し、大会で「われわれは、長い歴史と経験に裏付けられた正確公正な報道と責任ある多様な言論を展開することによって、平和で活力ある社会を実現する責務を負っている」と決議した。

第57回新聞大会
http://www.pressnet.or.jp/info/news/news0410.html#Anchor-200-23707

日本新聞協会「新聞倫理綱領」
http://www.pressnet.or.jp/info/rinri/rinri.htm
(以下一部抜粋引用)

正確と公正 新聞は歴史の記録者であり、記者の任務は真実の追究である。報道は正確かつ公正でなければならず、記者個人の立場や信条に左右されてはならない。論評は世におもねらず、所信を貫くべきである。

独立と寛容 新聞は公正な言論のために独立を確保する。あらゆる勢力からの干渉を排するとともに、利用されないよう自戒しなければならない他方、新聞は、自らと異なる意見であっても、正確・公正で責任ある言論には、すすんで紙面を提供する。

人権の尊重 新聞は人間の尊厳に最高の敬意を払い、個人の名誉を重んじプライバシーに配慮する。報道を誤ったときはすみやかに訂正し、正当な理由もなく相手の名誉を傷つけたと判断したときは、反論の機会を提供するなど、適切な措置を講じる。

(引用終り)

素晴らしい決意である、感動して涙がでそうだ。

 
感動したので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


朝日新聞の印象操作 [┌朝日新聞諸問題]

 WiLL-2005年4月号「総力特集朝日新聞を裁く」の渡部昇一氏掲載記事によると、朝日新聞に「まるでヒトラーを礼賛」と印象操作をされたらしい。30年程前の話だそうだ、その際受けた印象操作はどの様な物だったのか、該当部分を引用してみる。

(以下引用)

 記事の中身を丁重に読むと、たしかに私の言い分も書いてあります。でも中身まではちゃんと読む人はそんなに多くはないでしょう。見出しだけであたかもそうであるごとく刷り込まれてしまう傾向が大きい。なるほど、これは上手い方法だなと思いました。私が朝日を訴えれば、ちゃんとあなたの言い分も書いているじゃないですかと、彼らは言い逃れできるわけですから。 ですが、見出しに躍っているのは「渡部はヒトラーを礼賛している」なんです。(中略)
いまに至るも私は「ヒトラー的」だと批判されています。私は常に国家社会主義を批判してきているにもかかわらず、です。

(引用終り)

なかなか勉強になる記事ですね
今回のNHK政治圧力記事の取材手法も併せて朝日手法を少し整理してみましょう。

1.Aさんが何かについて発言する。
2.Bさん等にその発言の一部だけ歪曲して伝える
3.予定の批判コメントが得られるまで、2を繰り返す。
4.批判コメントを見出しにする。(本文で責任回避済み)

さらに朝日流の責任回避法も分析してみましょう

・見出しが誤り→→→→あくまでBさんの責任
・Aさんが提訴→→→→記事本文には意見を掲載している。訴えるならBさんを
・読者がAに悪印象→→勝手に勘違いしたのは読者
・責任を問われる→→→判断したのはあくまで読者であり、我々は中立公正である。
・掲載自体の批判→→→言論の自由

仮に真実が明らかになり、正しいのはAさんだと判明しても、「悪いのはBさん」。
加害者はあくまでBさんなので、やろうと思えば、手のひらを返したようにBさんの批判記事を書いて正義の仮面を被り続ける事ができる。(もちろん、その批判記事は誰かのコメント)

◎今回のまとめ

自らが矢面に立つことない、拳を振り上げるのはあくまで他人。
主犯格なのに、常に逃げれる体制。

思い返してみれば、朝日新聞自身は”自分の言葉発”ではNHKを攻撃してないんですよね。例えば、最初の1/12の記事も、NHK幹部のコメント紹介という形ですし、13日の記事NHK長井氏の記者会見紹介という形です。しかも、毎日新聞を走らせて「政治介入、恒常化」(2005/1/13)の記事を書かせている。NHKが公開質問状を送ってから矢面に立ったのは毎日系TBS筑紫哲也です。NHK受信料支払い停止運動も朝日発ではなく市民運動という形を取っています。ここではBさんに該当するのが松尾元放送局長であり、長井CPであり、毎日新聞であり、筑紫哲也であり、東大教員有志です。いわば、彼らは凶器として”利用できるだけ利用している”に過ぎない。

とっても卑怯ですね

(記事終り、以下宣伝)


勉強になったので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 

 


朝日新聞社長交代?はて? [┌朝日新聞諸問題]

二階堂ドットコム「朝日新聞新社長に秋山耿太郎氏」(2005/03/04)
http://nikaidou.com/column01.html

朝日新聞箱島社長が、6月の株主総会で社長交代し、次期社長に秋山耿太郎が就任するとある。
事実かどうかまったく不明、今のところ二階堂ドットコムだけが掲載。

 


よく分からないけど投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


黄虎男は政府高官!!朝鮮新報が迂闊にも認める。 [┌朝日新聞諸問題]

 自民党の安倍幹事長代理が、北朝鮮の工作員であると指摘していた黄虎男について、朝鮮総連の機関誌である、朝鮮新報(日本語版)の2005年1月24日の記事「NHK番組改ざん事件 暗躍するタカ派政治家」(※)で、迂闊にも北朝鮮政府の高官である事を認めた。

>黄氏は金丸訪朝時、金日成主席と金丸氏の対談に同席した通訳者であり、小泉首相の2度の
>訪朝の際にも金正日総書記との会談に通訳者として同席した朝鮮政府の高官。

 黄虎男氏は、朝鮮対外文化連絡協会局長(対外的には民間団体)などの肩書きで訪朝世話役活動を行っていた人物で、2000年12月8日から12月12日の4日間開催された「女性国際戦犯法廷」に検事役として鄭南用、洪善玉、金恩英らと共に参加している。この「女性国際戦犯法廷」の為に作られた番組こそが、NHK「戦争をどう裁くか」であり、この番組を巡って書かれた記事こそがNHK対朝日新聞戦争の発端となった朝日新聞『NHK番組に中川昭・安倍氏「内容偏り」 幹部呼び指摘』記事(20050112当時ミラー、別件で過去記事改変問題勃発中)である。

 NHK対朝日新聞の対立で、安倍氏は「北朝鮮が被害者としての立場をアピールする工作宣伝活動の一翼」と述べ、朝日新聞捏造記事が、安倍氏失脚を狙った北朝鮮の政治工作であると指摘していたが、図らずも北朝鮮自身が政府関与を認める報道を行ってしまったわけである。

殿下さんのブログmumurさんのブログtarochan.net さんブログgoriさんブログなどなど多方面で紹介されていた朝鮮総連とバウネット女性国際戦犯法廷との関係疑惑が、一気に朝鮮総連を飛び越して、北朝鮮政府そのものが関与している事がこれで一つ確定したのである。

※朝鮮新報記事はリンク切れ対策が設定されているため、リンクが切れます。
アドレスをカット&コピーで切り張りして頂くか、TOPページより、左メニューの時事をクリックして進み該当記事を閲覧してください。
「NHK番組改ざん事件 暗躍するタカ派政治家」

 http://210.145.168.243/sinboj/j-2005/05/0505j0124-00001.htm


迂闊さを感じたので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


朝日の図々しい言い訳 [┌朝日新聞諸問題]

NHK対朝日最中での朝日見出し改変について朝日が言い訳だしてますね

(またまた、私が2chで投稿した内容をそのままですが)
以下NHK記事引用
-------------
2005/03/01 00:15のNHK深夜定期爆撃内容
http://www3.nhk.or.jp/news/2005/03/01/d20050228000167.html
>これについて、朝日新聞社は、最初の見出しは、システム上、掲載後、1
>週間で消えるものだとする一方で、後の見出しについては、別の部署がデ
>ータベース用に付けたものだと、自民党側に回答しました。
だそうな。
自民調査チームは「到底、理解しがたい」として
>それぞれの見出しをつけた部署は具体的にどこなのか、見出しを変更する
>判断は、どの部署の誰が行なったのかなど、改めて、3月2日までに書面
>で回答するよう求める通告書を朝日新聞社に送りました。

>朝日新聞広報部は、「新聞や放送の記事とネットニュース、データベース
>では、媒体の違いで見出しが変わ>るのは通常のことです」とコメントして
>います。

※転載禁止と書いてあるので部分的引用です。
-----------

よくもまぁと呆れかえります、改めて分析を掲載しますが、取り急ぎUPしておきます。


図々しいと感じたので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


┌朝日新聞諸問題 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。