So-net無料ブログ作成
検索選択

法案審議の場がどこだか分からない状況にもなっている [┌人権擁護法案]

毎日新聞「人権擁護法案:法案提出のめど立たず 自民法務部会
( 2005/4/26 20:29 平元記者:以下抜粋引用)

 自民党は26日、法務部会を開き、政府が今国会提出を目指す人権擁護法案の取り扱いについて協議した。同法案をめぐっては、早期提出を目指す古賀誠・人権問題等調査会長(元幹事長)と、慎重な対応を求める平沢勝栄法務部会長が対立。与謝野馨政調会長は「古賀氏一任」の裁定を下したが、平沢氏は同日の法務部会で一任を認めない考えを強調した。法案提出のめどは立たず、迷走が続いている。

 古賀氏は21日の党法務部会・人権問題等調査会合同会議で、対応について同氏への一任を求め退席。「一任を得た」と主張した古賀氏に平沢氏が反発していた。

 与謝野氏は22日「古賀氏一任は有効」との裁定を下したが、反対派議員の抗議を受け「私が納得しない限り政調審議会に上げない」とトーンダウンした。法案はいったん26日の政調審議会の議題となったが、法務部会が「一任認めず」の方針を出し、法案審議の場がどこだか分からない状況にもなっている。

引用ここまで

次に、平井卓也議員ホームページより抜粋引用

特に、人権擁護法案に関する合同会議は郵政民営化法案と同じように紛糾した。最終的に古賀調査会長に一任されることになったが、平沢法務部会長は協議続行を表明したので、法案の取り扱いがはっきりしなくなった

引用ここまで


次は、松本純国会奮戦記2005-04より引用(4/21)

人権擁護法案についての審議です。冒頭、平沢勝栄法務部会長から前回の人権問題等調査会との合同部会における「一任」の取り扱いについて、法務部会としては了承していない旨政調会長に伝えており、法務部会として審議を続行するとの発言がありました。法務省から先生方の指摘に対する回答の後質疑に入りました。平沢法務部会長の進め方を支持する意見が多く、今法案において大きな役割を担う市町村長の意見を聴取するなど議論を続けることになりました。

引用ここまで

また、柏村武昭議員のホームページには(以下またまた抜粋引用)2005/4/25

推進役の古賀先生が郵政民営化と同じような手法で一任を取り付けようとしました。しかし、私たちの仲間である部会長の平沢勝栄さんが古賀先生に、まだ一任は無理でしょうと、しっかりとした処理をされましたのでひとまずほっと一息というところです。 しかし新聞の報道によるとその後また平沢勝栄部会長に泣きつき一任をされたという噂もあり果たして事実はどうなっているのか至急調査する必要がありそうです。

引用ここまで

どの情報がどの時点のものかはっきりしませんが

1.法案の審議がどちらだか白黒はっきりしている訳ではない
 (少なくとも、執行部の明言が報道等に載っている訳ではない)
2.だが、法務部会は審議を継続。法務省質疑、地方意見聴取に回っている

断定できないですが、平沢法務部会長が鮮明に反対派に回ったとかで、反対派(法務部会審議続行派)は有利になっているようです。情報がはっきりしませんが、上記にある古賀泣きつきは22日の与謝野判断の事かと思われます。
与謝野氏判断判定「上程しない」が今のところ”有効”となり、法務部会続行にはなっているようですが、与謝野氏判断は自民党執行部の明言・確約レベルではないので、またまたひっくり返る可能性は否定できません

・勝手に政調に上げないように目を光らせる
・特に与謝野氏判定が再反転しないように注意する
・主戦場は今後も法務部会・継続審議路線で行くべき

これらが必要です。しかし、古賀氏が次どう動くのか?これで、あっさり諦めるとは思えないのですが?それに、ピタッと賛成派の情報が入ってこなくなった。これは諦めた印というよりは、なにか考えているのではないかと思えますが・・・

・賛成派が作戦変更してくる可能性あり
・違う攻め口(地方)から来るか、再度同じ所(政調)から来るかは分からない

西尾氏「人権擁護法」という狂気の法案(その十二)」によれば(以下抜粋引用)

古賀議員がこのまゝ引き下がるとも思えない。たゞ補選のための公明党への御礼という議論はもう使えない。
 しかし明らかに法案の行方はコーナーを回り、危機は遠ざかりつつあるようにみえる


とあります。うーん、どうなんでしょうか、危機は遠ざかりつつあってほしいですし、そうであれば嬉しいのですが、前回第3回法務部会(だったかな?)で見送りになって、反対運動が下火になったら、第6回で一任宣言とか強行突破を狙ってきたという経緯があるのですから、油断できませんね

まだまだ終わったわけではありませんが、途中経過として、ひとまず関係者の皆様、反対派議員諸先生や、ネット等で反対を表明された方々、報道してくださった方々、謝意慰労申し上げます。(うーん、堅苦しいなぁw)えーありがとうじゃ変だし、お疲れ様もそぐわないようだし、おめでとうは早そうだし。え~、どのような言葉がいいのか思いつきませんし、そういう言葉を発する偉い立場にもありませんので、ひとまず新種の絶賛形容詞(?)「GJ!!」とだけ述べておきます。

   
これからも油断せず人権擁護法案反対の必要性を感じたので投票する (クリックで自動投票)
  


人権擁護法案反対同盟が結成されています。

【前編】【さらに反転】与謝野上程保留?でもスケジュール済み【暗転? 】 
【後編】人権擁護法案反対派への印象操作?


nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(4) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 7

おっさん

私も、法案推進勢力がこのままおとなしく引き下がるとは思えません。
法案推進勢力への監視と抗議を今後もねばり強く続行する必要があると思います。
法案推進勢力の中心である創価学会を壊滅させる事が出来れば良いのですが。フランスではカルト宗教に認定されていますし、宗教法人を剥奪できませんかね・・・
by おっさん (2005-04-27 21:32) 

情報提供

各地の人権擁護法反対ブログにトラックバックしてきている「若隠居の徒然日記」ですが、主宰の若隠居氏は取り巻きを引き連れては法案反対派のブログやサイトを「知的で理論的で冷静な説得」と称して荒らしまわる悪質な推進派です。
反対派がそれにのらないので、ついにこのように暴発しちゃったようです。
(荒らされてるブログのコメント欄)
http://plaza.rakuten.co.jp/h0123/diary/200504290000/
http://www.2log.net/bbs/zk1/comment.html

ご注意あれ。
by 情報提供 (2005-05-02 18:48) 

takamori

情報提供さん、情報提供ありがとう^^
人権擁護法案反対派への印象操作?を投稿しました^^
しかし、そもそも私が人権擁護法案を知ったのは若隠居氏のブログですのでちと複雑な心境ですね、当初彼も反対していたのに、誰かの説得(?)を受けて方向転換しちゃったんですよね、もう残念でなりませんが、私は私のやれる事に集中しています。これからも、どうぞよろしくおねがいしますね^^
by takamori (2005-05-02 18:58) 

hisa

こんばんは鷹森さん、人権擁護法案に興味を持ってからしばしばお邪魔させて頂いてました。エントリ内容と直接関係ないコメントで申し訳ありませんが、上の方のコメントが少々気になりましたのでカキコさせて頂きます。

>情報提供さん
これは荒らしとは言えないのではないでしょうか…ケロヨンmk2さんやてんこもり野郎さんが若隠居さん方の質問に答えればそれで終わったのでは?
by hisa (2005-05-02 20:21) 

通りすがり

読んできましたが、揚げ足取りですね完璧に。
あそこまで粘着されては、レスを返す方も大変です。
荒らしではないにしろ、迷惑なのでトラックバックで
反論してほしいなぁ
by 通りすがり (2005-05-03 16:38) 

拉致の練習目撃者

まるで、『糾弾会』か『ゲリラの総括』ですよ。 
勝手に押しかけて、多勢に無勢で。
ぜんっぜん男らしくないの。コメントリンチ隊は。
常に多勢に無勢で、それをみっともないと思わないところが、
何か、文化の違いを感じる・・・
「おおぜいで一人のひといじめるのやめなさい、卑怯だから」って、
母親に言われたこと、ないんだろうか?
by 拉致の練習目撃者 (2005-05-03 19:15) 

takamori

なにこれ?

http://blog.livedoor.jp/sazan1216/

反対派ブログ主への脅迫スタート???
by takamori (2005-05-03 20:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。