So-net無料ブログ作成
検索選択

人権擁護法案関連リンク集 [└関連リンク集・資料]

人権擁護法案の関連リンク集です。

○反対派キーサイト
|→人権擁護(言論弾圧)法案反対!
http://blog.livedoor.jp/no_gestapo/
|Irregular Expression
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/000486.html
|サルでも分かる?人権擁護法案
http://blog.livedoor.jp/monster_00/
|人権擁護法案BLOG(臨時)
http://blog.newsch.net/home/zk1/
|人権擁護法案を危惧する国民協議会 人権擁護法案を考える市民の会
http://blog.goo.ne.jp/jinken110/


全国人権擁護委員連合会「人権救済制度と人権擁護委員の役割」 
http://homepage3.nifty.com/na-page/17-14.html 
本法案の原案?と思われる文章があります→原案というよりは私案ですかね?ちょい再検討が必要なので判断保留)

人権連版「人権擁護法案Q&A」
http://homepage2.nifty.com/e-jinken/jinken-hou/Q&A.html
↑人権擁護法案の問題点を整理してあります。

人権擁護委員法(現行法です)
http://www.houko.com/00/01/S24/139.HTM

法務省人権擁護局 フロントページ
| http://www.moj.go.jp/JINKEN/index.html
|→人権擁護法案(2005/3/8バージョンの法案原文)これはH14番でした。大変失礼しました。でもほとんど同じという話出てますね)
http://www.moj.go.jp/HOUAN/JINKENYOUGO/refer02.html
|→法案概要
http://www.moj.go.jp/HOUAN/JINKENYOUGO/refer01.html
|→理由
http://www.moj.go.jp/HOUAN/JINKENYOUGO/refer03.html

公的情報(政府系)
|→経緯(内閣府 規制改革・民間開放推進会議取りまとめたもの)
http://www.kisei-kaikaku.go.jp/minutes/wg/2004/1006/item02.pdf
|平成8年5月,地域改善対策協議会が政府に意見具申
| 平成10年11月,国連規約人権委員会,独立国内人権機構の設置勧告
| 平成13年,人権擁護推進審議会が人権救済制度の在り方について答申
|14.03.04 第154回通常国会提出(法案原文H14.3.4版)
|14.04.24 参議院本会議で趣旨説明及び質疑
|14.07.23 参議院法務委員会で提案理由説明
|14.11.07 参議院法務委員会で対政府質疑
|14.11.12 参議院法務委員会で参考人質疑
|14.12.13 継続審査手続,第155回臨時国会閉会
|15.07.28 継続審査手続,第156回通常国会閉会
|15.10.10 第157回臨時国会において,衆議院解散に伴い廃案

2005年の人権擁護法案の復活
|17.01.21 部落解放同盟組坂委員長が古賀誠議員と会談
|17.02.03 与党懇話会が再提出で一致(→京都新聞
|17.03.10 法務省から自民党法務部会に説明(第1回)先送り(毎日報道
|17.03.15 々(第2回)先送り
|17.03.18 々(第3回)先送り(1~3回の状況、亀井久興議員の報告
|17.04.08 々(第4回)先送り(当初から意見収集のみの部会と噂あり)
|17.04.13 第5回開催予定との噂(ここで通す気か?

関係書

|→吉戒修一(法務省元人権擁護局長)
|→著書「2 1 世 紀 の 人 権 擁 護」
http://www.shojihomu.co.jp/newbooks/1164.html
|(全国人権擁護委員連合会副会長の推薦付き)

部落解放同盟(仕掛け人)
|→東京新聞2005.2.13記事
| 「人権関連法案突然の再浮上 仕掛けは解放同盟」
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kakushin/20050213/mng_____kakushin000.shtml
|→国会速報-第155臨時-(2002/11/12)
| 「国会人権擁護法案の抜本修正を勝ち取ろう!!」
http://www.bll.gr.jp/013news.pdf
|→泉南市「人権問題に経験を有する者
http://blhrri.org/kenkyu/data/jourei/osaka/jourei-osaka-21.html
|→2ch「部落解放同盟犯罪史」(2001年)
http://ton.2ch.net/rights/kako/987/987805748.html
|→部落解放同盟騙る悪質な詐欺行為が発生しています
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/topics/sagi.html
|→部落解放同盟中央本部
http://www.bll.gr.jp/
|→糾弾は当然の権利だ(糾弾の否定は弾圧だそうです)
http://www.bll.gr.jp/siryositu/s-sbet-nanika.html
|→2ch糾弾ビデオ(要WMPか見れるプレーヤー
http://www.dela-grante.net/flashloader/files/fl_0043.mpg
|国会議席
松岡徹(部落解放同盟中央書記長・参議院議員)
松本龍(部落解放同盟中央副委員長・衆議院議員)
両者対談(松岡徹議員HP内より)

事件クリップ
|→夕刊フジ「サラリーマン大失敗時代オスとメスで値段が違うのは差別
http://www.geocities.jp/awaw0620/breed.diary.html
|→TBS筑紫キャスター「屠殺場」発言事件(部落解放スタイル)
http://members.at.infoseek.co.jp/trotzdem/chikushi.htm

人権フォーラム21
|人権フォーラム21 - 人権擁護委員制度の概要
http://www.jca.apc.org/jhrf21/Campaign/20010913D.html
|武者小路公秀人権フォーラム理事兼中部大学教授は
|チュチェ思想国際研究所理事?
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/000486.html#14534

国会議員のコメント
|→衆議院議員 古川禎久 甦れ日本!コラム第109号(2005/3/16)
http://www.furukawa-yoshihisa.com/mailmaga/mailmaga12.html
|→松木けんこう掲示板(民主党)
|言論弾圧以外の何者でもないと思います(掲示板には記載なし)
|デマか誤解か掲示板から削除か不明。(2ch
|→亀井久興ホームページ<人権擁護法案について>
http://www014.upp.so-net.ne.jp/Hisaoki_Kamei/

反対声明(ネット以外)
|→日本ペンクラブ
| 2005/3/15反対声明記者会見(要WMP)→HPには未登録ポイ
| 人権擁護推進審議会の委員の皆様への公開質問状(2002.4.17)
|→拉致議連(会長は平沼議員)反対声明2005/3/17(日経記事
|→救う会も反対
http://www.sukuukai.jp/houkoku/log/200503/20050317-1.htm
http://www.sukuukai.jp/houkoku/index.html


関連報道
|毎日新聞「人権擁護法案 メディア規制の狙い変わらぬ」(2/13)
|朝日新聞「人権擁護法――修正して成立を急げ」(2/25)
|日本経済新聞「懸念消えない人権擁護法案」(2/25)
|東京新聞・中日新聞「人権擁護法案 衣の下に鎧が見える」(2/18)
|中国新聞「人権擁護法案 なぜ今再提出なのか」(2/20)
|新潟日報「人権擁護法案「報道規制」を削除せよ(要サーチ)」(2/22
|京都新聞「人権擁護法案 欠陥残す再提出は反対」(2/20)
|愛媛新聞「人権擁護法案 修正でも危険な本質変わらぬ」(2/24)
|佐賀新聞「人権擁護法案再提出 メディア規制に余地残す」(2/23)
|南日本新聞「【人権擁護法案】メディア規制の疑念がぬぐえない」(2/23)
|しんぶん赤旗「同和対策延長となるようなニセ人権対策とは?」(2003/2/15)
|↑日本共産党の2年前の記事。同和→人権協会の図式を書いてる。
判断微妙ながら暴露記事?

|朝日新聞 自民党――人権忘れた擁護法論議(3/18)
|↑例の部落解放同盟も朝鮮総連も人権擁護委員に入れるべしという社説
|産経新聞「【正論】東京大学名誉教授 小堀桂一郎
| 見過ごせぬ「人権擁護法案」の下心
|○その他報道、検索
Yahoo!ニュース - トピックス検索  人権擁護法案
Google ニュース検索 人権擁護法案

アクション
|→ビラ配りまとめサイト
http://blog.livedoor.jp/mikannkajitu/

国連
|パリ原則(1993)
http://www.hurights.or.jp/database/J/HRI/pariprinciple.htm

|国連と言っても巨大組織であり、それぞれの部署あるいは
|担当者毎で意見が違う可能性があります。

|→メアリー・ロビンソン国連人権高等弁務官書簡(2002 3~7月)
http://homepage3.nifty.com/na-page/17-38.html
|人権擁護法案に懸念(パリ原則に則して、本質的には推進)
|→部落解放同盟内でこの件について
http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/jinkenyougo_houan/020716.html
|→メアリー・ロビンソン国連人権高等弁務官ダボス講演(2001)
http://www.jca.apc.org/jhrf21/Doukou/UN20010706E.html
|「人権のための確固たる基準を作り、
|人権侵害に反対する際の鍵となる主体」と法律の必要性を示唆
|(※人権フォーラムには北朝鮮の関与を疑う意見があります。
|  上記人権フォーラム理事長欄を参照。)

|→ルイーズ・アルブール国連人権高等弁務官
http://www.hurights.or.jp/news/0411/b04.html
|>自由権規約第1選択議定書の批准と
|>人権擁護法案が大きな課題であることを
|>(NGOが弁務官に)伝えました

|※懸念を表明していたり、必要性を訴えていたり
| 各種総合して考えると、国連は何を考えているのか
| 混乱せざるを得ません
| どうも、引用されるサイト毎で自分たちによって都合が良い部分
| だけ引用しているようにも感じられます。
| 今後さらに要調査

(注意1 このリンク集は作成途中です。)
(注意2 当記事投稿時間は2005-03-17 22:20:14 ですが
      表示順位調整のため、投稿年を修正しています)

(追記1 事実誤認がありましたのでお詫びします。
      法案がH14版でした。2005/3/31 01:30)


気に入ったので投票する (クリックで自動投票、よければお願いします)
 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ぼけもん

【永住外国人の地方選挙権付与に反対しよう】
【人権擁護法案に反対しよう】
この二つの法案は一対になっています。

【永住外国人の地方選挙権付与】
裁判員制度で裁判員になる条件は国籍条項は外されて選挙権を有する者となり
在日朝鮮人に日本人が裁かれる事になります。

【人権擁護法案反対の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj5.cgi
インタビユーを捏造・隠蔽するテレビ局の宣伝する商品の不買運動を始めよう。
マスコミを支配して、報道の捏造・隠蔽・偽装を繰り返す広告代理店も物が売れなければ、その影響力も地に落ちる。

by ぼけもん (2008-03-08 16:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。